LIGHT WORKS

2/28、待望の再入荷。4タイトルの特徴を活かした使い方を特集!

長期品切れオラクルカード、4タイトルが復活!

いつもライトワークスのオラクルカードをご愛用いただき、まことにありがとうございます。

2月は長期間お品切れしていた4種類のオラクルカードが、再入荷!
「待ってました!」という方もいらっしゃれば、「初めて見るカードだ!」という方もいらっしゃるかと思います。
4タイトルともちょっぴりクセのあるカードで、最初は難しく感じる方も多いかもしれません。しかし、どれも使うほどに馴染んでくるような、味わい深い特徴を持っています。ちょっと使って諦めてしまうには惜しい魅力があるのです。

今回の特集では、復刻カード4種類の特徴と、特徴を活かした使い方をご紹介。「以前に買ったけど、あまり使わず放置してます…」そんな方も、ぜひ再チャレンジしてみてください。

2月28日、再入荷! 待望の復刻4タイトルはこちら

眠ったときに見る「夢」を専門に扱うのは、オラクルカードの中では珍しいテーマ。夢の専門家、メリッサ・バーチューと、易しく使いやすいオラクルカードで定評のあるドリーン・バーチューが協力し、難しい専門知識を学ばなくても夢や潜在意識の世界を旅することができる楽しいカードになりました。使い込むほどに自分と馴染んでいくような、味わい深いカードです。

ジョン・ホランドの人気作『サイキックタロットオラクルカード』の、第二弾として登場したこのカードは、他者との関係、自分自身との関係、状況や周囲の環境との関係など、リレーションシップが最大のテーマ。目先にどんな問題が生じていても、結局は自分が大きな「関係性」の中で居場所を与えられ、必要とされていると感じることができる、壮大な愛のガイダンスが得られます。

どんなに強い人も、ときには弱気になったり孤独を感じたりするもの。そんなときに「いつだって味方がいて、ひとりじゃない!」と感じることができる優しいガイダンスです。スピリットの世界の住人たちが、カードを通して支えてくれる感覚はなんとも言えない暖かさ。ジョン・ホランドらしい力強くチアフルな言葉が胸に響く、頑張りたいときに助けになるカードです。

フラクタルアート(全体と一部が自己相似になっている図形)を用いたオラクルカードで、具体的なモチーフが登場しないのが最大の魅力。イメージや印象を固定する要素がないため、そのときの質問内容や自分の状態によって、同じ絵柄も違ったものの象徴に見えてくる不思議なカードです。直感をフル活用する使い心地が、ベテランさんを中心に熱い支持を集めての復刻。

個性的な4タイトル。おすすめの使い方は?

今回復刻した4タイトルは、どれも個性的な切り口のカードばかり。
もちろん、一般的なオラクルカードとして「今の自分に必要なメッセージは?」「この問題を改善するには?」など、質問してアドバイスを得るといった使い方も楽しめますが、個性的な特徴をもっと引き出す面白い使い方もございます。
今回の特集では、ライトワークススタッフおすすめの、普段とは違った使い方をご紹介!

エンジェルドリームオラクルカード

エンジェルドリームオラクルカード

『エンジェルドリームオラクルカード』ならではの使い方は、実際に見た「夢」との連携です。
「夢」の中の情報は、自分だけのもの。それをリーディングに組み入れることで、カードからのアドバイスを自分専用にカスタマイズできちゃうのが面白いところ! 夢に登場したモチーフが同じでも、楽しい夢だったか、怖い夢だったか……など、その時の印象で解釈の方向も変わり、まさにオーダーメイド感覚のリーディングが可能になります。
エゴや疑う気持ちも眠っている夢の中は、あなたの幸せを願う様々な存在が、アドバイスを届けやすい場でもあるのだとか。そんな夢の中で届いた大切なアドバイスに気づくために、『エンジェルドリームオラクルカード』を使って、夢にフォーカスする訓練をするのもおすすめです。

■商品詳細 │ エンジェルドリームオラクルカード

【使い方例】
夢で見た情報から、目覚めているとき以上の情報を得る

実際に見た夢の中に出てきたモチーフやモノ、印象に残った色や風景…などを、もしも覚えていたら、似ているテーマが『エンジェルドリームオラクルカード』の中に含まれていないか探してみましょう。すぐに忘れてしまうのが当たり前の「夢」の中で、起きたあとも覚えていられるほど印象に残っているのは、あなたにとって重要な意味を持つテーマだからかもしれません。ガイドブックにはそのモチーフが象徴する意味や出来事が説明されていますので、自分の心の奥底で気になっていたことを知るきっかけになるでしょう。
また、カードのアドバイスを実行してみるのも◎。「これを実行したら、こうなるだろうな。」といった、明確な見通しは立っていなくてもOKです!夢の中で届いたアドバイスは、色々な制御がかかる目覚めているときとは違った情報を持っているのが面白いところ。理性で考えると「何の役に立つの?」と思うようなことでも、やってみると思いがけない形の良いことがあるかも。

【使い方例】
カードをイメージアイテムにし、眠る前の瞑想を

カードをランダムに引くのではなく、欲しい情報について自分でテーマを選んでも良いでしょう。
例えば、何かを変えるために必要なアドバイスが欲しければ「トンボ」や「火」のような変容がテーマのカード、ゆったりしたいときは「白昼夢」や「水」のカード…というように、好きなカードを選びましょう。
選んだカードのアドバイスを試してみても良いですし、カードを眺めながら眠る前の瞑想をするのもおすすめ。そのテーマについてのヒントを、夢の中で受け取れるようお願いして眠りにつけば、眠るのが少し楽しくなりますね!
夢を覚えていられないという方は、「セレナイト」や「サンザシ」「明晰夢」など、直感を高めるカードに意識を向けてみるのもおすすめ。自分で選んだ好きなテーマのカードと一緒に、補助カードとして瞑想のイメージに使ってみましょう。

【カード例】FIRE(火)

【カード例】FIRE(火)

(ガイドブックより抜粋)変容、浄化
繭から出て、美しい蝶となるときは今です。勇気を持ちましょう。古いものを燃やし、新しいものを受け容れましょう。
火は、浄化の象徴でもあります。すべての変容に浄化の過程があります。健やかではないものを浄化するときが来ているのかもしれません。古い習慣を変えましょう。

解釈のヒント

夢に火のモチーフが出てきたときは、自分の中で何かを変えたいという思いや、情熱を傾けられる対象を求める気持ちが高まっているのかもしれません。次のチャレンジの目標を意識するのに良いタイミングです!浄化したい思いや出来事を書き出した紙を、このカードの上に置いて、悪いことが全て燃えて無くなるイメージをするのも◎。ネガティブな思いを引きずらずに、次のステップへと気持ちが切り替わります。

【カード例】Selenite(セレナイト)

【カード例】Selenite(セレナイト)

(ガイドブックより抜粋)スピリチュアリティの活性化、刺激
このカードは、あなたが自らのスピリチュアリティを活性化させる気持ちになれるようもたらされました。自分の中に淀んだ悪しきものや負のエネルギーを、セレナイトで浄化してください。そうすることで、より高いレベルで起こる内なる体験を認識できるようになります。このカードは、意図をはっきり持つよう求めています。意図は、あなたの思いを現実化するものにほかなりません。

解釈のヒント

夢に「セレナイト」がピンポイントで出てくるということは、滅多にないかと思います。このカードは夢をリーディングするときよりも、自分でカードを選んでワークをするときに役に立つでしょう。月に関わりの深いモチーフですので、「新月の願いごと」をするときにカードを眺めながら瞑想をするのもおすすめ。願いの意図をはっきりさせ、叶えるためのヒントを求めて更に1枚カードを引けば、きっと力強い導きが得られるはずです。

サイキックタロット・ハートオラクルカード

サイキックタロット・ハートオラクルカード

「ハート」の名の通り、心からの交流をテーマにしたガイダンスが得られる、このカード。
その特徴を最大限に引き出すなら、やはり「人間関係」や「自分自身の心の在りよう」など、人の心に関する質問に使うのがベストです。今、一番気になることがらがそのようなテーマだという方には、迷わずおすすめ!目先の問題解決にとどまらず、信頼関係の土台を強いものに築き上げるような、根本的なガイダンスが得られます。
他の質問に使うときも、ガイダンスは「関係性」を切り口にして届きますので、自分の都合にこだわっているときはリーディングがしにくいという特徴も…(笑)。視野を広げて周囲のことを理解しなければ使いこなせず、自己成長も深まるカードです。

■商品詳細 │ サイキックタロット・ハートオラクルカード

【使い方例】
「関係性」を意識して読み解く

『サイキックタロット・ハートオラクルカード』は、特に人間関係へのアドバイスを充実させたデッキです。人間関係をテーマにしたリーディング以外にももちろん使えますが、どのようなテーマの質問をしたとしても、人と人、人と場所、人と出来事…などの「関係性」の中に、問題の解決策や成長のテーマがあることを感じることができるでしょう。
リーディングのときはその点を意識し、どの「関係性」についてのガイダンスだと思われるかや、自分が大きな「関係性」の中のどこに居るのかを読み取るようにすると、カードから得られるガイダンスが分かりやすくなります。
逆に、カードから届いたガイダンスに抵抗を感じるときは、質問した状況に入り込み過ぎていて客観的になれない状態なのかも。問題から一時撤退してクールダウンを。

【使い方例】
タロットの要素も取り入れて解釈する

大アルカナ・小アルカナ・4種類のスート…など、タロットの要素も取り入れた構成になっていますので、タロットの基本も絡めて解釈するとガイドブックに書かれていること以上の情報を知ることができます。
例えば、黒の縁取りの「大アルカナカード」は、決め手になるアドバイスであったり、強いガイダンスであると考えられます。スプレッドリーディングをしたときに、黒の縁取りのカードがたくさん出ているようなときは、その質問にとって重要な局面を迎えているのかも。また、緑の縁取りの「感情」のスートや、紫の縁取りの「魂」のスートが多く出ていれば、心が満たされるような情熱的な展開が期待できるかも知れません。
ガイドブックには色や数字が象徴するテーマも紹介されていますので、スプレッドで並べたときの全体的な色合いや、重要な位置に出たカードの数字などで解釈をプラスすることもできます。

【カード例】Seek(探し求める)

【カード例】Seek(探し求める)

(ガイドブックより抜粋)
このカードは、今が恋愛(または恋愛への渇望)から一歩引くタイミングであり、自分を再発見するための内的探求に出ることを薦めています。ひとりになれる時間をつくって内観することも有益です。このカードデッキから1枚引き、カードの絵をしばらく眺め、あなたがその関係で果たす役割について、より深い意味を探してください。

解釈のヒント

このカードは、伝統的なタロットでは「隠者」のカードに該当します。良き師との出会いや、師に導いてもらうことを表すカードでもあり、そしてその「師」は自分の中に居るかもしれないことを、思い出させてくれます。人間関係の問題においては、常に相手の動向に目が行きがちです。しかしこのカードが出たら、答えを「外(相手)」に求めず、「内(自分)」を探りましょう。

【カード例】Success & Growth(成功と成長)

【カード例】Success & Growth(成功と成長)

(ガイドブックより抜粋)達成、スピード、抱負、進展
現実化のエネルギーが今、あなたを取り巻いています。過去の努力が報われようとしています。今は、新たに花開く人間関係がやってくるタイミングです。そして、対立や問題がうまく解決するでしょう。
また、今はさらなる理解と自己成長の理想的なタイミングです。古い考え方は通用しなくなっています。新たなものに“種”を植えて、育つのを見守りましょう。

解釈のヒント

ガイドブックにはカラーや数秘の簡単な情報も記載されていますので、カード全体の色味や数字の情報もリーディングにプラスしてみましょう。このカードに割り振られた「8」は、公正、正直、安全などの意味のほか、摩擦や衝突という要素も持ちます。物事の達成や素早い変化が示されたカードなので、その際に周囲と起きる摩擦には、上手に対応する必要がありそうです。また、カード全体を包むピンクは、愛情や友情、幸福、優しさなどを象徴するカラー。暖かな人間関係が期待できますし、新しく出会った人には自分から優しく接すると大きな実りを得られるかも。

スピリットメッセージオラクルカード

スピリットメッセージオラクルカード

心を温め、モチベーションを高めたいときにおすすめなのが、こちらの『スピリットメッセージオラクルカード』。
優しい肯定だけでは、いまいち高まらないモチベーション(笑)。とはいえ「もっとがんばれ!」と背中を押しまくられるのも辛いときがあります。そのバランスが絶妙なのがこちらのカード!
スピリットの世界の住人たちが、私たちが学びや課題に向き合い、乗り越え、自分のものにするまでの過程に、励ましをくれながらずっと寄り添ってくれます。しかし、私たちが経験すべき学びや課題そのものには、介入しないのがスゴイところ!「答え」ではなく「手段」を示して成長を見守る、親のような懐の深いカードです。

■商品詳細 │ スピリットメッセージオラクルカード

【使い方例】
壁を感じるときにこそ、その真価を発揮!

人間万事、塞翁が馬。嫌だなあと思ったことが逆に自分のためになったり、辛かったけれどその経験がなければ今の自分はなかったということがあったり……。人生にはときとして、私たちの魂の成長のために用意されていたのだとしか思えないような、避けがたい課題や壁が立ち現れます。
課題そのものを回避してしまうのは得策ではなく、しかし、単独で乗り切るのはかなりキツい。そんなシチュエーションこそ、この『スピリットメッセージオラクルカード』が真価を発揮するとき!迷わずスピリットたちに助けを求めましょう。

おすすめは1つの課題に対して1枚のカードを引くワンカードリーディング。このカードは丁寧にじっくり読み込んでこそアドバイスがじんわり心に沁みますので、期待したカードでなくてもそのメッセージをすぐに却下しないでください。また、質問を変えて次々とカードを引く方法もあまりおすすめしません。
ガイドブックの言葉を噛みしめ、絵柄の筆の運びを感じて…そのときに出た1枚のメッセージに集中を。そうすることで、スピリットのサポートが感動的なほど暖かく自分を支えてくれているのが感じられることでしょう。自分の心が強靭に育っていく過程を楽しみましょう。

【カード例】LISTEN(耳を傾ける)

【カード例】LISTEN(耳を傾ける)

(ガイドブックより抜粋)
誰かを本当に理解したいなら、進んで耳を傾けなくてはなりません。今はアドバイスをすべきタイミングではなく、思いやりのある聴き手になるときです。相手に対して完全に耳を傾け、意識を向けるというのは、相手が発した言葉だけでなく言葉の奥にあるものを聴くことです。
あなたが一生懸命に会話に集中すると、双方が恩恵を受けられるほどのエネルギーの交換さえも起こります。場合によっては、あなたが求め続けて来た答えまでも、もたらされることがあります。

解釈のヒント

『スピリットメッセージオラクルカード』に限らず、オラクルカードのアドバイスは全て、自分の実際の状況に照らし合わせて解釈し、実際に行動してみるのがおすすめ。例えばこの「LISTEN」のカードが出たら、家族や友人、同僚など、直接お話する相手がいる場合はもちろんのこと、テレビや書籍、好きな音楽なども含めて、受け取る言葉に特別に気を配ってみましょう。あなたが必要としていた情報が得られるかもしれませんし、知らなかった表現や言葉を知るかもしれません。家族や友人の声は記憶の中で固定されてしまっていたイメージよりも、ずっと美しいかもしれません。

【カード例】HOPE(希望)

【カード例】HOPE(希望)

(ガイドブックより抜粋)
絶望と希望は紙一重であっても、希望が常にあることをこのカードは証明しています。それは、常にあなたの内側にあり、そのポジティブな効果をいつでも引き出せる自由意志をあなたは持っているのです。
このカードを鏡のようにして、この世界にあなたがもたらした美しいもの、あなたが与えた愛、他者に与えた励まし、あなたに関する良いことをすべて見つめてください。希望は、これまであなたが成し遂げた功績と共に、あなたのエネルギーの源となるでしょう。希望を上手く使えるようになれば、過去の制約から脱却することができるようになります。

解釈のヒント

絵柄を使ってメディテーションをするのも、オラクルカードの楽しい使い方の一つです。
キャンドルの炎はそこを意識の焦点としやすく、意図を集中させるのに役立つモチーフ。実際にキャンドルをつけなくても、絵柄の中のキャンドルに集中することで、気持ちをブレにくくすることができます。キャンドルの光の中に希望を見つけるイメージをし、思い浮かんだものを書き出しても良いでしょう。『スピリットメッセージオラクルカード』の落ち着いた絵柄は、自分の中に静かな「聖域」を作り出すイメージアイテムとしても活躍します。

パス オブ ザ ソウル オラクルカード

パス オブ ザ ソウル オラクルカード

『パス オブ ザ ソウル オラクルカード』はフラクタル(自己相似)図形のアートが使われていますが、このフラクタル構造は植物や海岸線の形など、自然界の美しいものに多く見られる構造です。
具体的には何も表していないけれど、何にでも見えるという、絵柄だけで行うリーディングにもってこいのカードです。一見、とっかかりがなくて解釈が難しそうに思えますが、実は印象や思考を限定してしまう要素のある具体的な絵柄のカードよりも、直感を使うことがスムーズにいきやすいです。まずは「植物に見える」「人に見える」などの見立てからスタートし、植物なら「花か、樹か」、人なら「何人に見えるか」など、連想によってイメージを膨らませていくと色々な情報が引き出せます。

■商品詳細 │ パス オブ ザ ソウル オラクルカード

【使い方例】
絵柄を自由に解釈するのが最大の楽しみ

ガイドブックのカードの解説を読む前に、絵柄を見て下記のような点を探ってみましょう。

■このカードの第一印象は?
■絵の中に見覚えのあるシンボルや形はある? それは自分にとってどのような意味がある?
■絵を見てどのような感情が湧き起こった?
■絵の中で、一番目を引く色はどれ? その色はどのチャクラに対応している? その色は自分にとってどのような意味がある?

その後、ガイドブックを読んでも良いですし、読まなくても構いません。また、ガイドブックを読んだ結果、自分の印象とは違った解釈が書かれていても問題ありません。自分の印象を優先しても良いですし、ガイドブックの解釈のほうがしっくりくれば、そちらを採用しても構いません。

【カード例】Light Within(内なる光)

【カード例】Light Within(内なる光)

(ガイドブックより抜粋)
あなたは、自分の内なる光を自覚していて、スピリチュアルな理解と覚醒の新しいレベルに心を開きつつあります。この目覚めを支援するために、ガイドとティーチャーがあなたと共に働いています。サポートは、実際に人を通じてもやって来ます。知識が豊富で経験豊かな人々が、必要に応じて援助を申し出てくれるでしょう。

解釈のヒント

カードのメインカラーであるグリーンは、自分の内なる光を知ることが、自分自身の心を知ることであると示しています。たった一滴の小さな水の雫の中に、広い世界が収まっているかのような神秘的な絵柄です。内と外との世界の反転もイメージされますね。近場に思える自分の中を旅することが、実は広大な外の世界を旅するのと変わらない、深遠な体験をもたらすのかも…。絵柄を見ながら瞑想をすれば、思わぬ発見を得られそう。

【カード例】Path of the Soul(魂の道)

【カード例】Path of the Soul(魂の道)

(ガイドブックより抜粋)
このカードは、ハートセンターが完全に開いている状態を表します。あなたの意思と天の意思が融合しているのです。この瞬間には理解できなくても、導かれながら進む一歩一歩を信頼しましょう。あなたには今、直感的ガイダンス、創造性に富むアイディア、任務、仕事などがふんだんに与えられています。混乱を体験することがあるかも知れませんが、それはこのプロセスの自然な成り行きであることを知っておいてください。

解釈のヒント

平面的な広がりに注目すると、大きな植物のように見えるかもしれませんし、奥行きを感じ取れば、遠くまで続くトンネルや階段のようにも見えます。絵をじっくり眺めて、自分の内面に起こる気持ちに注目しましょう。植物に見えた方は育てたいと思うかもしれませんし、トンネルに見えた方はその向こうを見たいと思うかもしれません。他にも、希望、不安、安らぎ、冒険心…などなど、感じ方は人それぞれで、どれも正解です。湧いてきた気持ちを手がかりに読み解くガイダンスは、まさにあなただけに届いたもの。信じて従う価値ありです!

絶版と復刻……今後の販売は?

この度、復刻したオラクルカード4種。復刻は嬉しいものの、今後の製造はどうなるの?とか、自分の好きなカードもいつかは販売終了しちゃうの?といった疑問も、同時に頭をもたげますよね。
「絶版と復刻」に関するお客様の疑問にお答えいたします。

待望の復刻4タイトル

Q. 今回復刻した4タイトルは、今回製造分で終了?

A.
今回以降の追加製造は未定です。今回を最後に製造終了となる可能性もございます。
なお、いずれのカードもアプリ版は継続して販売いたしておりますので、そちらのご利用も合わせてご検討ください。

Q. 希望を出せば、復刻の可能性はあるの?

A.
今回の4タイトル同様、多くの方から復刻のご希望の声が集まったカードについては復刻の検討をいたします。(権利者の都合や、その他、製造上の問題によりご希望にお応えできない場合もございますが、何卒ご了承ください。)

Q. 今後、製造終了となるカードは決まっていますか?

A.
現在、ライトワークスで製造しているカードシリーズについては、現時点(2019年2月の時点)で、製造終了が決まっているものはありません。(ライトワークス以外のメーカーで製造しているカードについては、メーカーの都合で製造終了になる場合もございますので、詳しくは各メーカーへお問い合わせください。)
製造終了の場合は、確定した段階でライトワークスのWEBサイトにてお知らせいたします。

Q. ドリーン・バーチューのカードシリーズは、絶版になっちゃうの?

A.
現在販売中のドリーン・バーチュー作のタイトルのうち、現時点(2019年2月の時点)で日本国内での販売終了が予定されているタイトルはございません。

オラクルカードシリーズの第一人者であるドリーン・バーチューですが、キリスト教への回心を機に、本人はオラクルカードの使用をやめています。
そのため、ドリーン・バーチューのオラクルカードシリーズが、全て取扱い終了となるのでは?といった、不安のお声も寄せられておりますが、現時点で販売終了が決定しているタイトルはございません。

ライトワークスでは、著者の信仰の変化に関わらず、オラクルカードシリーズが人々の心を安らげ、前進するためのきっかけを得るような体験ができるツールであることは変わらないと考えております。また、ドリーン・バーチューの状況につきましては、ドリーン個人のシフトチェンジであり成長の結果であると理解しております。
成長の方向性や自分に合っていると感じるものは人それぞれに異なり、著者もユーザー様も同様に、その時々で自分にとって一番良いものを自ら選ぶことができるという観点のもと、ライトワークスでは、オラクルカードを通じて得る体験が、今の自分にとって有益であると感じていただける方にはそれを選ぶ自由があり、その機会をこれからも多くの皆様にご提供して参りたいと考えております。